ホーム >> FAQ/よくあるご質問 >> FAQ/プラン・仕様・設備について

FAQ/プラン・仕様・設備について

Q.間取りの変更は可能ですか?

弊社では完全フルオーダーが基本ですので、規格の間取りはありません。お客様のご要望やライフスタイルをヒアリングさせていただいて、お客様に最適な間取りをご提案しております。
ただし、基本設計(ゾーニング、プランニング)から実施設計(仕様の確定、許認可申請)に移行する際に間取りは外観デザイン含め、一度FIXさせていただきますので、実施設計以降の間取りの変更はお受けできません。

Q.仕様・設備の変更は可能ですか?

推奨する仕様や設備はありますが、弊社では間取り同様に標準仕様という概念がありません。
ひとつひとつメリット・デメリットをお伝えしながら、お客様に選んでいただくことになります。
ただし、実施設計(仕様の決定、許認可申請)が終了し、建築工事が始まってからの変更は、工程の進み具合に応じて「対応できるもの」と「対応できないもの」がございますので、ご了承ください。

Q.準防火地域や防火地域でも建築可能ですか?

準防火地域の場合は、外装材や換気方法に一部制限が設けられますが、建築は可能です。
防火地域の場合、木造住宅の建築ができない地域になりますので、建築はできません。

Q.省エネ対策はできていますか?

品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)で定められた 「住宅性能表示制度」の新築住宅の共通性能表示基準の一つである「温熱環境」の項目において、「最高等級を取得できる省エネ対策」を基本としています。これには断熱材の種類や厚み、工法、サッシの性能などが全て含まれております。
また、省エネに欠かせないのが、省エネ設備機器や内装の仕上げ材です。太陽光発電システムや蓄熱暖房機などに加え、室内には自然素材を推奨しております。
自然素材は調湿効果があり、湿度によって人体が感じる温度補正を行う大切な役割をしてくれます。

Q.換気設備はついていますか?

キッチンや浴室、トイレの換気設備はもちろんのこと、24時間換気設備は必ずおつけしております。
24時間換気システムも様々な種類がございますので、詳しくはお問合せください。

Q.好みで外壁や内装材を組み合わせることは可能ですか?

可能です。基本設計(プランニング)の段階である程度使用する素材などはお決めいただきますが、実施設計(仕様の確定)の段階でご変更いただくこともできます。
ただし、私たちもプロフェッショナルですからお客様にデメリットが大きいと感じたものは、ハッキリとお伝えさせていただきます。

Q.ピアノなどの重いものは置けますか?

ピアノに限らず、重い家具などを置く場所は床補強などの対応が必要な場合がありますので、将来的な予定も含めて構造などに反映させていただきます。

Q.全室でパソコンを使用できるようにしたいのですが可能ですか?

可能です。
ただし、パソコンを有線で使うか、無線で使うかによっても配線の仕方が変わってきますので、パソコンの用途をお伺いさせていただいた上でご提案いたします。また、スマートフォンやテレビでもインターネット回線があった方が便利な場合もありますので、併せてご提案いたします。

Q.バリアフリー設計になっていますか?

基本的にはバリアフリー設計になります。
ただし、最近は建築主様の遊び心や使い勝手を考慮して意図的に段差を設けたりする畳コーナーなどの居室やスキップフロアなどのスペースもあります。

Q.照明器具やカーテンは依頼できますか?

もちろんです。
予算取りは当然のこととして、照明器具の配灯によって建物や室内の印象はガラッとことなります。カーテンやロールスクリーン、ブラインドなども内観のイメージを決める要素のひとつになりますので、積極的に提案させていただいております。

他のよくあるご質問

よくある質問TOP

プラン・仕様・設備について

手続きについて

品質について

資金計画について

建築地について

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのご相談は029-291-3900まで
(営業時間/9:30〜19:00 定休日/水曜日)
※ スマートフォンの方は上記番号をクリックで直ぐご相談できます。

このページの先頭へ