ホーム >> 建築知識 >> 地盤調査、地盤改良とは?

地盤調査、地盤改良とは?

地盤調査は、土の堆積環境・生成発展について地質学的(土地の地盤の層が今までどのように蓄積されてきたかを調査すること)に調べ、土の物理的な性質や力学的な性質を土質工学的(現状地盤がどの様な状態か調べて改良すること)に調査することです。

地盤を形成する土の性質は、他の材料である鉄鋼・コンクリート・石材・木材などと全く異なります。土は含まれる水分の量によって性質が変化します。また、場所によって堆積過程が異なり、土の粒子の混ざり具合や締まり具合も異なるので他の建築材料のように均一な特性は得られません。

このような土の性質から、構造物の築造や土地の造成などの工事を行う場合には、その場所毎に地盤の性質を調査・確認する必要があります。

■建物と地盤の関係

建物を支えているのは基礎です。

その基礎を支えているのが、さらにその下の地盤です。基礎と地盤の接地面では建物の重さと地盤の強さが力比べをしているようなものですが、仮に地盤が弱く、建物の重さに耐えられないときは、建物は沈下してしまいます。

計画建物の重さに地盤が耐えられるかどうか、見ただけでは分からない地盤の強さが、地盤調査を実施することによって数値として把握できます。

■不同沈下

不同沈下とは建物が不揃いに沈下を起こすことを言います。建物全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状態のことを言います。
不同沈下が起こると床が平らではなくなったり、壁がひび割れたり、窓や引き戸が開きにくくなったりします。 不同沈下は軟弱地盤で起こり、沈下を防ぐためには地盤の状態を把握できる地盤調査結果が重要になります。

不同沈下と一言でいっても地盤の種類によって、様々な原因があります。ですから地盤の良し悪しを考慮せずに不用意に建物を建てると、後で大きな問題が発生する可能性があります。地盤調査でどのような不同沈下が起こりやすいかを調査し、それに合った改良を行っていきましょう。

不同沈下の例

■スウェーデン式サウンディング試験

スクリューポイントのついたロットの上にオモリを乗せ、貫入の深さと回転を基に地盤の強度を計測していく調査方法をスウェーデン式サウンディング試験といいます。 この調査の結果、軟弱地盤と診断された場合は基礎工事の前に改良のレベルによって所定の工法(表層改良、柱状改良、鋼管杭など)での補強工事が必要となります。

スウェーデン式サウンディング試験

土地の探し方

地番調査・地番改良とは

資金計画の組み方

検査・保証・瑕疵保険

工事着手時の儀式・マナー

新居への入居手続き

コンセプトブックプレゼント

コンセプトブック

当社の設計コンセプトや設計デザイン事例、選択可能な様々な仕様をご紹介したコンセプトブックです。
他の設計事務所とは異なる、自然素材の家.comならではのメリット等にも触れていますので、住宅や店舗・オフィスの新築・リフォームをお考えの方は必見です。

ご覧になりたい方はお問い合わせフォームより資料請求、またはお電話をお願いいたします。
お急ぎの方は直接当事務所までお越しいただいても結構です。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのご相談は029-291-3900まで
(営業時間/9:30〜19:00 定休日/水曜日)
※ スマートフォンの方は上記番号をクリックで直ぐご相談できます。

このページの先頭へ