ホーム >> 建築知識 >> 資金計画の組み方

資金計画の組み方

建物以外にも様々な費用が発生します。事前に把握しておくことが大切です

■マイホームにかかる費用の配分を考える。
マイホーム取得にかかるコストは、大きく建物本体工事費と付帯工事費、諸経費に分けることができます。この付帯工事費と諸経費については、意外と見落としがちになるものです。その為、建築全体の項目を知り、最低必要なコストと、予算に応じて調整できるコストを把握しておくことが大切です。
まずは平均的な配分をご紹介いたします。

■建物本体工事費以外にかかるコストを把握する。
おおむねかかりそうなコストは、計画の初期段階で把握しておくことが大切です。
マイホーム取得にかかるコストはあれこれとつい膨らみがちになります。こだわりたい項目の優先順位をつけておくことが大切です。

■まずは建物本体、そして庭などのエクステリアにもこだわるのがポイント。
いろいろな要望をかなえたいけれども、予算的に全てという訳にはいきません。
そんな時はまずは建物、そしてエクステリアにこだわりましょう。建物はずっと永く暮らす住まいです。不満なまま建てるとずっと後悔しがちです。
内装などは資金に余裕が出た時に買い替えができるので、後回しにしてもいいのでは?ご家族のこだわりに合わせた予算配分を考えましょう。

建物・土地に対する付帯工事・諸経費

屋外給排水工事 屋内に敷設された配管と公共上下水道や側溝、浄化槽などと接続する配管工事費。
仮設・付帯工事 建築工事を進行するために設ける一時的な施設や設備を組み立てる工事費。
地盤改良工事 軟弱な地盤との診断結果が出た際に行う地盤を補強する工事費。
解体工事 建替えの際に既存の建物や門扉などを解体・撤去する工事費。
整地・造成工事 荒れた土地を建築前に整えたり、土留めなどの補強工事費。
外構工事 門扉・境界塀・カーポート・アプローチなどの建物外周の工事費。
許認可申請費 建築確認申請、開発許可申請、農地転用申請などの建築に必要な申請業務費用。
登記費用 建物を新築した際や建売住宅を購入した時の建物表示・保存登記費用、登録免許税など。
水道加入金(負担金) 新規に給水装置の設置したり、水道メーターの口径変更した時の建築地市町村への納付金。
下水道受益者負担金 公共下水道を建築地内まで引き込みする工事費の負担金。土地所有者が納付する。
各種補助金申請費 浄化槽工事などの補助金対象となるものへの補助金申請委託費用。

予算の立て方(自己資金と借入金)

毎月もしくはボーナス時に返済可能なお金は、月々の「生命保険料・光熱費」や毎年の「固定資産税」などに加え、「新しい家族の誕生や学費・婚礼への備え」、「マイカーの買い替え」、「ご趣味や旅行といった余暇の楽しみ方」など、将来必要になるであろう支払い額を貯蓄できるだけのゆとりある返済額に設定することが重要です。

■無理なく借りられるお金と検討する。

借り入れできるお金は、毎月返済可能なお金によって決まります。銀行などのサイトでシミュレーションを行って、借入可能額を計算することもできます。それに援助金などを含めて自己資金をいくら用意できるか考えておきましょう。

■月々に返済できるお金と返済期間を検討する。

住宅ローンを借り入れする時は、いくら借りられるかではなく、いくらならゆとりを持って返済できるかを考えるべきです。 毎月の家計を慎重に予測を立てて、積み立てに充てている資金などを含め、どのくらい余裕があるのか考えましょう。

■援助金などが利用できれば自己資金がアップする。

自分たちだけでは資金が足りない場合、親御さんからの資金援助が可能かどうかもあらかじめ確認しておきましょう。

■ローン諸費用

【ローン印紙代】金融機関からローン借り入れをする際は、その借入金額に応じて印紙を貼り、税金を納めます。 【ローン事務手数料】借入れなどをする際の事務手続きにかかる手数料いいます。住宅ローンの場合は、借入金額に関係なく住宅ローン1 件あたりの手数料となります。 【ローン保証料】住宅ローンを借りる際、連帯保証人を立てる代わりに民間の保証会社や公的保証機関の保証を受ける場合に支払う費用です。※借入金額と返済期間によって金額が変わります。

土地の探し方

敷地調査の重要性

地番調査・地番改良とは

検査・保証・瑕疵保険

工事着手時の儀式・マナー

新居への入居手続き

コンセプトブックプレゼント

コンセプトブック

当社の設計コンセプトや設計デザイン事例、選択可能な様々な仕様をご紹介したコンセプトブックです。
他の設計事務所とは異なる、自然素材の家.comならではのメリット等にも触れていますので、住宅や店舗・オフィスの新築・リフォームをお考えの方は必見です。

ご覧になりたい方はお問い合わせフォームより資料請求、またはお電話をお願いいたします。
お急ぎの方は直接当事務所までお越しいただいても結構です。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのご相談は029-291-3900まで
(営業時間/9:30〜19:00 定休日/水曜日)
※ スマートフォンの方は上記番号をクリックで直ぐご相談できます。

このページの先頭へ