ホーム >> 建築知識 >> 検査・保証・瑕疵保険

検査・保証・瑕疵保険

■住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」に基づく保険として、同法による保険法人として指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人が、すべての住宅事業者を対象として提供する保険です。

■瑕疵保険の対象となる基本構造部分

住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた「構造耐力上主要な部分」および「雨水の浸入を防止する部分」が10年間の住宅瑕疵担保責任保険の対象となります。

■保険金をお支払いする主な場合
○住宅の基本構造部分の瑕疵に起因して、基本構造部分の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合の保険事故において、事業者が倒産の場合などの相当の期間を経過してもなお瑕疵担保責任を履行できない場合、住宅瑕疵保険法人は、住宅事業者が瑕疵担保責任を負担するべきであった損害の範囲に於いて、住宅取得者に対して保険金をお支払いします。 ( 住宅事業者が瑕疵担保責任を履行できる場合は、住宅事業者に保険金をお支払いします。)

○お支払いする主な保険金
・補修の範囲、方法、金額を確定するための調査費用
・保険事故を補修するために必要な材料費、労務費、その他の直接費用
・仮住居、移転費用

■保険金をお支払いできない主な場合
■次に上げる事由により生じた損害については、保険金を支払いません。
・住宅の虫食いまたは瑕疵によらない保険付住宅の自然消耗などの事由
・洪水、台風等の自然現象または火災、落雷、爆発等偶然又は外来の事由・土地の沈下・隆起・移動・振動・軟弱化・土砂崩れ、土砂の流出・流入、または土地造成工事の瑕疵
・住宅の著しい不適正な使用または著しく不適切な維持管理
・住宅の増築・改築・補修の工事またはそれらの工事部分の瑕疵
・地震もしくは噴火またはこれらによる津波が原因となって生じた火災による焼損、損害、埋没、流出などの被害

建築基準法(中間・完了)の検査

住宅工事中と完了時の検査の中で、建築基準法による検査については完了検査が中心となります。
住宅新築時に確認申請が必要な地域では、基本的に完了検査が必要です。

完了検査とは、仕上や窓の大きさなど、表面に見える部分で確認申請でチェックする項目についての検査を行います。
また、見えない基礎や躯体部分などについては、工事中の写真の提示などを求められる場合もあります。
完了検査に合格すると、検査済証が交付されます。

住宅ローンや登記など手続きの際に必要となる場合もあるので、確実に入手して大切に保管しておくことが大切です。

また、地域によっては中間検査(特定工程における検査や、その他の工程における検査)が必要となります。これは地方自治体などが独自に制定している検査です。
また、構造や規模によっては、建築基準法による中間検査が要求される場合もあります。

中間検査が必要な場合には、検査に合格するまで、次の工程には移れません。
中間検査に合格すると、中間検査合格証が交付されます。完了検査時に中間検査の合格番号などが必要となります。

土地の探し方

敷地調査の重要性

地番調査・地番改良とは

資金計画の組み方

工事着手時の儀式・マナー

新居への入居手続き

コンセプトブックプレゼント

コンセプトブック

当社の設計コンセプトや設計デザイン事例、選択可能な様々な仕様をご紹介したコンセプトブックです。
他の設計事務所とは異なる、自然素材の家.comならではのメリット等にも触れていますので、住宅や店舗・オフィスの新築・リフォームをお考えの方は必見です。

ご覧になりたい方はお問い合わせフォームより資料請求、またはお電話をお願いいたします。
お急ぎの方は直接当事務所までお越しいただいても結構です。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのご相談は029-291-3900まで
(営業時間/9:30〜19:00 定休日/水曜日)
※ スマートフォンの方は上記番号をクリックで直ぐご相談できます。

このページの先頭へ