ホーム >> 新築住宅 >> 内装

内装

家族の健康を守る多機能な壁・天井材

ご自宅でのくつろぎの時間や、就寝している時間などにも室内の空気はカビ菌、ダニ、ホコリなどで汚れています。 一般的なビニールクロスなどは、多種多様なカラー/デザインがあったとしても空気をキレイにする機能はありません。また、一定の湿度を保とうとする働きもありません。 《自然素材の家.com》ではご予算の許すかぎり、ご家族の健康や住み心地に配慮した自然素材、もしくは壁紙を選択する場合でも珪藻土クロスなどをご提案いたします。

  • ■塗り壁(漆喰)

    消石灰と、ノリ、繊維を混合してできた塗り壁。自然素材で調湿・防カビ・消臭効果に優れています。

  • ■パネリング(羽目板)

    天然の無垢材を使用した内装仕上材。天然木ならではの風合いと調湿効果に優れています。

  • ■エコカラット

    空気をきれいにするデザインタイル。調湿・吸着機能に優れ、結露、シックハウスなどの悩みも解消。

  • ■内装タイル

    耐水性・意匠性に優れ、水廻りや居室のアクセントにもおススメです。※天井には使用できません。

  • ■珪藻土クロス(壁紙)

    天然の珪藻土を使用したクロス。吸放湿性、通気性に優れており、比較的安価なのも魅力の一つです。

デザイン・用途に応じたフロア材

土足で歩きたい場所は磁器タイルや塩ビタイルを、湿気の多い水廻りなどには耐水性の高いものを、階下への音を気にされる場合はカーペットなどを、健康に配慮し自然素材にこだわりたい場所には無垢のフロアを、お部屋の用途やご要望に応じて様々な床材がお選びいただけます。

  • ■無垢フロア

    天然の無垢材を乾燥・製材して作られたフロア材。本物ならではの独特な表情を演出してくれます。

  • ■突き板フロア

    合板を基材に天然木の突き板を仕上材として貼り合わせたポピュラーな床材。均一な表情が特徴的。

  • ■タイルカーペット

    階下への音を軽減させ、素足でも冷たさを感じさせないやわらかい質感が特徴。寝室等におススメ。

  • ■床タイル

    本物のタイルでエントランス等に高級感をつくり出します。滑り止め加工をした外装用もあります。

  • ■クッションフロア

    トイレや洗面所などの湿気の多いところに採用されるポピュラーな床材。耐水性に優れています。

  • ■塩ビタイル

    土足でも歩行可能な硬質の塩ビ製。公共施設に多く採用されています。モダン志向の建物にもおススメ。

インテリアドア・収納建具

ドアや引き戸などの建具は、「床や家具と調和させたい場合」や「壁と一体感をもたせて目立たなくする場合」などによって素材の選択の仕方が変わってきます。 「開き戸」にするか、「引き戸」にするかも実際の使い勝手によって変わってきます。 お住まいになる方のご要望に《自然素材の家.com》ならではの提案をお聞きいただいてお選びください。

  • ■片開きドア、引違い戸

    木目調の樹脂シートを貼った軽量のハイドア/引き戸。壁と調和したホワイト無地のドアもあります。

  • ■ガラス入り引違い戸

    採光性バツグンのガラス入り間仕切り引き戸。上吊りタイプもあり、部屋間の景観を邪魔しません。

  • ■無垢ドア/引き戸

    無垢材を使用した重厚感あふれるインテリアドア/引き戸。健康志向の方におススメです。

  • ■クロゼット用折れ戸

    折れ戸特有の大開口で衣類や布団などの出し入れがラクラク。各居室に一つは欲しいアイテムです。

  • ■通風折れ戸

    無垢材ならではの加工性でルーバータイプの折れ戸を実現。クロゼット内部に湿気がこもりません。

  • ■玄関収納

    フロートタイプの玄関収納は床のお掃除もラクラク。大容量でたくさんの靴が収納できます。

使い勝手が向上する家具、収納など施工例

ただ部屋をつくっただけでは、結局、小物やテレビなどの家電品を置く棚や家具が必要になります。
ただクローゼットをつくっただけでは、結局、タンスなどの収納家具が必要となります。
今までご使用になっていたものをそのままお使いいただく場合はこの限りではありませんが、あらためてご購入を考えている家具がある場合は、「インテリアにマッチした固定式の造作家具」や「収納力にすぐれた造作棚」などをつくることが可能です。

コンセプトブックプレゼント

コンセプトブック

当社の設計コンセプトや設計デザイン事例、選択可能な様々な仕様をご紹介したコンセプトブックです。
他の設計事務所とは異なる、自然素材の家.comならではのメリット等にも触れていますので、住宅や店舗・オフィスの新築・リフォームをお考えの方は必見です。

ご覧になりたい方はお問い合わせフォームより資料請求、またはお電話をお願いいたします。
お急ぎの方は直接当事務所までお越しいただいても結構です。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのご相談は029-291-3900まで
(営業時間/9:30〜19:00 定休日/水曜日)
※ スマートフォンの方は上記番号をクリックで直ぐご相談できます。

このページの先頭へ